やればできた!今ここからの介護経営スムーズ化! HELPZ&Co.Inc.

介護求人情報「リジョブ介護」

リジョブ介護=

介護甲子園を応援しています!

介護甲子園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
877位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
172位
アクセスランキングを見る>>
  • 【速報】3年延期!介護福祉士600時間受講義務、2015年施行に。

前からずっと思っていたんですが、この600時間受講の制度・・・非現実的です。
だれが、何を根拠の600時間なんでしょうか?


今でさえ(景気が悪いとヘルパー供給が増える現在でさえ)
結構、ヘルパー不足でどこの事業所も苦しんでいるのに、

600時間というと、丸一日受講する時間を「6時間/日」と仮定すると


100日のフル受講となる。


土日は受講休みと計算すると、5ヶ月かな。。

ただ、毎日受講ばかりなんて、学生でないかぎり無理な話で、
稼ぎがないと生活が逼迫されてしまうので、苦しいので、
その半分は生活費を稼ぎに働かなければならない。。。となると、


丸一年、この受講に拘束されてしまうことになります。

ん?そこまでしてヘルパーの資格とりたいか?とっても
43歳男性の介護ヘルパー平均年収が230万円という天井のある収入の職業に
魅力を感じますか??

しかも、半分働いて、半分受講となると、、、
年収125万に落としてまで受講する

意味のある研修?

義務化されるべき研修?

・・・なのでしょうか??

ヘルパーの社会的地位が上がる社会にならねければなりません。

医者・弁護士・ヘルパーといわれるように敬意を表される職業に!

【以下、抜粋】
厚生労働省は、7月29日、介護福祉士資格取得の実務経験ルートで
600時間受講の義務化について、予定していた2012年度施行を
3年延期し2015年度の施行とする方針を発表した。

3年延期は、同日開かれた

「第4回今後の介護人材養成の在り方に関する検討会」の中間まとめ案の中で示された。

現在は介護福祉士国家試験を実務経験ルートで受験する場合、
3年以上の実務経験で受験できるが、
2007年の社会福祉士・介護福祉士法改正により、
2012年4月施行後は実務経験に加え600時間以上の研修受講が義務付けられていた。

(ありえない・・・)

同検討会ではこれまで、新たに課せられる600時間の研修を巡って
検討が重ねられ、今回の中間まとめ案でも賛否意見とその理由がページを
割いて掲載されていた。が、まとめ案の中でわずか4行にわたり
「その施行は3年後程度とすべき」という記載があり、
出席委員らは一様に「突然3年間延期が記載されている」と、
とまどいの声をあげた。


(↓この人達らしい・・・)

img4c5242ee3af9b.jpg



厚生労働省は延期理由について、
今年5月に事業所・施設に実施した介護職員研修の実施状況を調査した結果から
「2012年度施行に対応できない事業者や従事者が多数いる。
年間15万人いる受講者に新たな養成課程を受けてもらうには準備が必要」と回答した。

会議終了後、記者団にとり囲まれた
厚生労働省社会・援護局福祉基盤課福祉人材確保対策室の泉潤一室長は、


「施行を延期するには社会福祉士・介護福祉士法の改正も必要。
改正法案の提出時期については政務三役など政治レベルの相談になる。
600時間の時間数も含めて全体の議論を深める必要がある」とコメントした。

次回会議は9月に開催される予定。

現実、現場、現在に則した法律・制度をお願いします!

ね?
↓クリックで他の人気のブログもランキングでご覧いただけますっ! 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト