やればできた!今ここからの介護経営スムーズ化! HELPZ&Co.Inc.

介護求人情報「リジョブ介護」

リジョブ介護=

介護甲子園を応援しています!

介護甲子園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
455位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
86位
アクセスランキングを見る>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓クリックで他の人気のブログもランキングでご覧いただけますっ! 人気ブログランキングへ
  • 【まだ暫定レベル】ライフセービングガイドライン2010

ライフセービングガイドライン暫定版の速報がはいりました。
images.jpg

このブログはあくまでも「介護経営」ですが、
私の範ちゅうでもある蘇生とか、ライフセービングについても情報共有します。

介護の現場でも日常茶飯事で出くわすことの多い、事故です。
ヘルパーだけでなく、ケアマネも、管理者も、生活相談員も、サ責も、基本を覚えましょう!

現在の蘇生のフロー
flow.gif



しかし、今日、入ってきた新しい蘇生(ライフセービングガイドライン)によると、
まずは!
呼吸の重要性が「ここまで減らすか!」という感想です。
「とにかく圧迫」が重要です。



ライフセーバーのレベル別に、医師のK先生にまとめていただきました。


【ふつうのライフセーバー】
1.気道確保しません。

2.最初の2回の吹き込みはありません。→まず、ここで「えー」と思いますね。

3.呼吸の確認を、胸と腹の動きで、10秒以内で判断します。→一刻も早くではなく、観察というのが新しい。

4.反応がない、呼吸がない。即、胸骨圧迫です。

5.圧迫の深さは、すくなくとも5cm、あるいは胸の厚さの1/3。
 回数は、すくなくとも100回/分です。「少なくとも」、がつきました。

6.気道確保・人工呼吸をする「意思がない、技術がない」ときは、胸骨圧迫のみで可。
 やるときは、30:2です。

7.ただし、ライフセーバー(と本文に書いてある)には小児の場合は、医療従事者並みのレベルが求められている。



【ちょっと賢いライフセーバー】
1.気道確保は、下顎挙上のみでよい。頸椎保護を考えて、頭部後屈は無くても良い。

2.呼吸の確認は、気道確保なしでまず判断する。
 要するに、気道確保の時間があれば、「早く!圧迫始めなさい」ということです。

3.人工呼吸については、医療従事者に対しても、「できないときは胸骨圧迫のみで」と書かれています。

4.小児・乳児もできなければ気道確保・人工呼吸なしです。



【オタク・トリビア向け】
1.アメリカのガイドラインには、「クラゲ」が「へび」とともに、
なぜか復活。4-6%の酢酸溶液で30秒以上しっかり洗え、となってます。
「聞く、見る、感じる」はありません。胸と腹の動きで、息が入ったかどうか見ます。

2.ヨーロッパでは、小児・乳児のみ、レスキューブレス5回となっています。

【エキスパートになりたい人】
1.ウェブで見たい人は、以下をクリック
アメリカ心臓協会
aha_tc_logo.jpg


ヨーロッパ蘇生協議会 

slideshow-2.png


日本蘇生協議会 

hcp_bagmask.jpg
 


また、正式版が告知されましたら、介護としてもいい情報ですので共有させていただきます。


K先生ありがとうございました。

↓クリックで他の人気のブログもランキングでご覧いただけますっ! 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。