やればできた!今ここからの介護経営スムーズ化! HELPZ&Co.Inc.

介護求人情報「リジョブ介護」

リジョブ介護=

介護甲子園を応援しています!

介護甲子園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
877位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
172位
アクセスランキングを見る>>
  • 政権の方向性からみた介護を含む社会保障の方向性

すみません。Facebookばかり更新していてブログは「月刊ヘルプズ・アンド・カンパニー8月号」みたいになっています。申し訳ございません。

その分、私の行動予定や実働については、 http://www.facebook.com/nishimula をチェックいただけましたら幸いです。ただし、経営に直接かかわることやお客様のことが類推できるようなことは書いていませんのでご了承ください。

ということで、明日は新しい総理大臣がきまるとのことです。
ま、ゆうても次の選挙までの短期になるか、実行力次第では政権が息を吹き返し、長期に及ぶことも考えられます。どっちに転んでも、ハンドルを切り返すことが経営者として重要です。とくに、この仕事は、制度や法律に左右されますし、「西村さん、どうしたらいいですか?」というご相談も多いため、先手先手を打っていく必要があります。

記事の抜粋ですが、下記参照。3日間の選挙でどこまで候補者の考えが深掘りできるってゆうんだ?


【8月24日~25日までの記事より】
代表選出馬予定者、社会保障どう考える?
(民主・長妻議連で意見交換会)

民主党の衆参両院の厚生労働委員会の所属議員を中心とした議員連盟
「あるべき社会保障と財源を考える会」(会長=長妻昭前厚生労働相)は
8月24日、「候補として報道されている方々」のうち5人から社会保障政策に関する
考えなどについてヒアリングした。

■馬淵澄夫前国土交通相
政府・与党の税と社会保障の一体改革案に盛り込まれた「受診時定額負担制度」について
「窓口負担の増加で受診抑制につながる」と指摘。
「医療提供の機会をしっかりと守るために、窓口は広げておくべき」と主張した。
また消費税アップについては「景気回復を進めて、デフレ脱却後に税率引き上げの議論を始めるべき」と主張。
(理想は高いねえ。もっと具体的にないかWeb検索してみよう。か、帰ってニュース見よう)


■海江田万里経済産業相
安定した社会保障制度を進めていくために少子・高齢化対策が必要不可欠だとの認識を示した。
(え、こんだけ?)


■鹿野道彦農相
社会保障と財政再建は切り離せないとし、社会保障制度と税の一体改革に関する法整備を進めることが必要だと訴えた。また、民主党が2009年の衆院選マニフェストに掲げた後期高齢者医療制度の廃止について、「新しい制度をつくらなければならないというのは同じ考えだ」とした上で、保険者機能を担う市町村などと協議して新制度を設計すべきだと主張した。
(とろい。思っていたら実行せな。この2年間何やってたの?・・・・・あー農業か。。すみません。たぶん厚労省のこと、介護医療のこと知らんのでしょう)


■前原誠司前外相
来年4月に予定されている診療報酬と介護報酬の同時改定では、「今後の高齢化社会へのメッセージとして、マイナス(改定)はあり得ない」との見解を示した。ただ、輸入された医療機器の販売価格が、海外での価格より高い「内外価格差」の問題など、「国民がおかしいと思われるところ」の見直しは必要だと指摘した。後期高齢者医療制度を廃止する方針については、「絶対に貫くべきだ」と強調した。
また、医療機関へのフリーアクセスと国民皆保険制度を高く評価し、「これらの制度を残しながら、医療レベルが伸びる環境をつくっていくことが大事だ」とした。
(さすが、外務大臣やってたからその目線ね。いろんな非難のある人ですが、一番いいか、、と思っています)


■野田佳彦財務相
来年4月に予定されている同時改定について、「基本的にはマイナス(改定)はないだろう」と述べた。後期高齢者医療制度については、「年齢で区分することはあってはならない」と訴え、廃止すべきとした。このほか、医師や看護師、介護職員の労働環境の改善に取り組むことが必要だと主張。今年度末で終了予定の「介護職員処遇改善交付金」の取り扱いが「当面の課題になるだろう」との認識を示した。

この人が一番ワルやと思う。全然国民目線じゃないね。
このインタビューの2日前(8/23)参院財政金融委員会で、
政府推計で年金、医療、介護、子育ての社会保障経費の公費負担分は2015年には41・6兆円の公費負担がかかるからという理由で、野田財務相は消費税率が15%以上になることを明言したらしい。。恐っ!
さらに、2025年には公費負担は55兆円に達し、その際の税率は17%以上にもなると予測。
さらにさらに、政府が地方単独事業の社会保障事業についても、消費税で賄う方向性を示していることをあげ、
2015年には20%もの税率が必要で大増税になることも視野に入れている様子。
「なぜなら欧米主要国でドイツとフランスだけが消費税の一部を社会保障に充てているから」という。
他議員の「社会保障財源を主に消費税で賄っている国はない」という質問に対しても、
「国民の理解を得る説明が必要で、そのために世論を誘導するのも政治の役割」という。やらしー。
他の議員の「所得税の累進課税など考えることが必要であり、増税といえば消費税しかないという思い込みからは脱却するべきだ」と強調に対しても、どうだか。。。

消費税アップは一時的の駆け込み需要なども見込んでいるんだろうね。なんて場当たり的な。。
まず会社を経営するように、いろんなとこを検証して、、、、



そうね。。。最初に人件費カット。


政治家減らせよん(TT)

ネタ元→ http://www.cabrain.net/news/article/newsId/35355.html 
↓クリックで他の人気のブログもランキングでご覧いただけますっ! 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト