やればできた!今ここからの介護経営スムーズ化! HELPZ&Co.Inc.

介護求人情報「リジョブ介護」

リジョブ介護=

介護甲子園を応援しています!

介護甲子園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
977位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
189位
アクセスランキングを見る>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓クリックで他の人気のブログもランキングでご覧いただけますっ! 人気ブログランキングへ
  • 8人の侍!100年に一度の起業家達

今日午後1時半。。。8人の起業家が大阪中央区平野のあるマンションの一室に集まった。

そこは30年という歴史ある物件のおよそ微動だにしたことのないであろう書庫とデスクに囲まれた薄暗い一室であった。

まず、歴史を紐解くかのような紳士のひとことで会は始まった。












「ちょっと掃除から始めましょか?」





まずは、8人の座る場所の確保からだ。

その一室は、いままでこんな大人数を収容したことはなかったのであろう。
椅子の数がすべてを物語っている。


紳士は続いて、次の一言を発した。














「この事務所からたくさんの起業家が巣立っていけるようなインキュベーションオフィスにしたいんですよ。なんで、来月の25日までには床は木目調の、壁と天井は白く素敵な・・・」



彼は、一気にまくしたてるように7人に宣言したのであった。









全員はそれに感銘を受けたということを証明するかのごとく、室内の清掃に没頭し始めた。











30年分の埃が窓を煙のように出ていくのが照らされた日差しに皮肉ににも映し出された。









ほどなく片付けられたテーブル。
不揃いの椅子たち。
無造作に並べられたペットボトル。

8人はおのおのに自分の椅子と尻の位置を確認するかいなや静かに次の一声を発するのか見守った。
















「では、始めましょうか。」






会の中心人物であり、発起人でもあるがっしりとした彼が沈黙を破った。








堰を切ったかのごとく8人はそれぞれに自分の起業における約束事、コミットメントを発表し始めた。


私も2月末までにやるべきコミットを発表した。





「人に厳しく自分に甘い」とは言いえて妙だ。



ことさら自分以外の誰かに「俺はこれをやる!」と宣言したら、いやおうにも進まなければならない。


あとの4時間はとてつもなく熱い、暑い会となった。


内容も、参加者もここでは発表できないが、とてつもない壮大な未来が見えてきた気がする。



そんな8人の侍がここ大阪市中央区平野町にいたことを後世伝えていきたい。




西村翁
スポンサーサイト
↓クリックで他の人気のブログもランキングでご覧いただけますっ! 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。