やればできた!今ここからの介護経営スムーズ化! HELPZ&Co.Inc.

介護求人情報「リジョブ介護」

リジョブ介護=

介護甲子園を応援しています!

介護甲子園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
877位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
172位
アクセスランキングを見る>>
地域社会福祉の原点「上杉鷹山」のお話。

uesugiyozanko.jpg


たまには、困難なときには、原点、いわゆる歴史の分岐点を参考に、
自らの進むべき道を確認、史人のナビゲーションを仰ぐのもいいと思います。


上杉鷹山は江戸時代、9代米沢藩主として藩の財政の
行き詰まりに苦慮していました。

上杉は膨大な借金で深刻な財政破綻に陥っていた藩を、
「武士」も「民」も過酷な状態にすることなく、
それぞれの力を活かす方法で立て直しをしました。


その基本に、

1.自ら助ける「自助」
2.近隣社会が助け合う「互助」=「共助」
3.藩行政が力を発揮する「扶助」=「公助」


3つの『三助』をおきました。



今の政治のあり方の原点を問うべき問題ではないかと思います。
自民党でも民主党でも、どちらも手を組んで、この日本の社会福祉を、
すべての人々が暮らしやすい生活を取り戻して欲しいものです。

誰が悪い、誰が辞める辞めないの足ばかりすくいあっている場合ではないと
思うんだけどなあ。つまり2番の「共助」であり「公助」。


テレビやニュースで、ワイドショー的にそれを見て楽しんだり、
批判している、われわれにも問題あるのかなあ。


会社勤めの経験があるみなさんはわかると思うのですが、上司は選べない、部下は選べないという
立場で考えて、みんなで今の政治を応援しましょう!

決して民主党好きではないが、みんなで打破しんといかん時代でしょうが。

youzan.jpg


ちなみに、アメリカの大学で「Japanese History」専攻したとき、Yozan Uesugi試験にバリバリ出ましたからね。
アメリカ人の好きな日本人の1人でもあります。日本で言うと坂本龍馬くらいか、それ以上の人気ものですね。


◎◎◎

あのケネディも尊敬する日本の歴史人だそうです。





スポンサーサイト
↓クリックで他の人気のブログもランキングでご覧いただけますっ! 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する