やればできた!今ここからの介護経営スムーズ化! HELPZ&Co.Inc.

介護求人情報「リジョブ介護」

リジョブ介護=

介護甲子園を応援しています!

介護甲子園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
956位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
188位
アクセスランキングを見る>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓クリックで他の人気のブログもランキングでご覧いただけますっ! 人気ブログランキングへ
昨日、ビジネスのヒントとか言いっぱなしだったので、気になった急上昇ワードを
ピックアップしてみました。

【ブランデリBRANDELI】
昨日、「とくダネ!」で紹介されたニッセンの運営するアウトレットだそうだ。
こりゃまた、ネット上の販売店舗。。。リアル店舗展開も近いんじゃないかなあ。
勝手な僕の勘。

【試食会】
これもいい!こういう隙間ニッチビジネスを考えなきゃならんなあとつくづくい思います。


【こころみ学園】
上2つの僕の考えに大きくショックを与えてくれました。以下、一部抜粋。
1950年代に、足利市田島町の急斜面の山で、
特殊学級の中学生たちによって開墾されたブドウ畑の話。
汗まみれになりながら夏草を刈り、
寒風の吹きすさぶなかでお礼肥えの穴を掘ってきたとのこと。
現在、この葡萄畑から一望できるこころみ学園には90名の利用者が
いらっしゃって、そのうち85歳を筆頭に50歳をこえた人は56名。
つまり、約2分の1が高齢の知的障がいの方々とのこと。
昨今言われている、「貨幣資本主義経済」の崩壊。
企業の価値指標として、「いかに利益を上げているか、株主に
配当しているか」、個人は「年収はどのくらい、貯蓄はあるか」が
かつて(今も)価値基準になっていると思うが、企業がCSRやSRIを
本当に実践していくには、貨幣経済(マネタリー)から
精神経済(ボランタリー)に価値を見出せるかによる。

アメリカは日本より一日の長がある。
「社会起業」というのもそのひとつだろう。アメリカのこういう点と
こころみ学園の現状はぜひ参考にしてビジネスとして生かして行きたいものだ。
参考:http://www.cocowine.com/
スポンサーサイト
↓クリックで他の人気のブログもランキングでご覧いただけますっ! 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。