やればできた!今ここからの介護経営スムーズ化! HELPZ&Co.Inc.

介護求人情報「リジョブ介護」

リジョブ介護=

介護甲子園を応援しています!

介護甲子園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
977位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
189位
アクセスランキングを見る>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓クリックで他の人気のブログもランキングでご覧いただけますっ! 人気ブログランキングへ
  • 地獄を見た男と飲む!

タイトルでいきなりクライマックスMAXだが、
昨日、起業成績1勝1敗1引き分け中の、
社会起業家の●尾さんと飲みました。
●尾さん、遅くまでお付き合いいただきましてありがとうございました。
紹介・付き合ってくれたゴリライモもいろいろありがとう。
だいぶ気い遣ってたんじゃね?

で、●尾さんからのお話内容を簡単にまとめると、、、

1.創業までの実体験
2.事業の目的
3.普段からの姿勢

ずっと話しも途切れることなく(=おしっこ我慢も忘れ)、濃い4時間でした。
あれ何食べたんだっけ

1.創業までの実体験として、最初は誰もが創業起業に夢を見るとのこと。
それも気づかないうちに。。

夢を語ることも、壮大なビジネスプランを立てるのもみんな自由。
しかし、最近はそれすらできない日本人・会社員が増えていることが一番嘆かわしい。

夢を語ることは資本主義社会では誰でもできる与えられた権利。

しかし、夢を現実にするにはまず最初にぶち当たるのが、

お金を借りるということ

貸す側にとっては貸す側の「生命線」でもあり、語るほうも語られる方も

「命」

を懸けなければならない。

ビジネスプランに血を流さなければならない。
つまりは5W2Hが具体的にならなければならないということ

いつ!
だれが!
どこで!
なにを!
なんで!



そして一番大切なのが
いくら!
なんにん!



当たり前だけど、気がついたら自分でもこう言っているんですねん
「2015年の市場は・・・
「みながやらないことをやるから絶対成功する。これはニッチだよ
「ニーズはある。現実にも、Googleでも●人言っているから間違いない

×!×!×!だめだめだめだめーーーーーー!

具体的というのは
「●00人に▲▲▲を用いてアプローチしたら、
■ヶ月で★★万円売れました。あと◆◆生産して(仕入れて)、
●●して、アプローチしたいから■■■万円貸してほしい」


・・・って、貸し元からダメ出しくらうことが多いそうだ。
命を吹き込んだはずのプレゼンがダメだしを食らうそうだ。
もう後には戻れない・・・。大借金。これで借りられなければ・・・

解決法も教えていただきました。
しかし、ここでは書きません。他人の貴重な経験なのですから・・・。
また別の機会に自分のブログ内で私自身の実体験として
お伝えできればと思います。

2.事業の目的については、=スタッフ育成。
一般企業の上司から聞くと、
「スタッフの中には、モチベーションの低い。この業界は儲からないとか、
言ってもしかたないばっかり言うスタッフが多いんだよなー」という声を
よく聞くが、●尾さんの会社では、

スタッフ全員で経営に携わる重要さを共有すること。

つまりを持たせること。


「この仕事で家を建てたい!」
「充分な貯蓄をしたい」
「この仕事を究めて経営者になりたい」

短期的にも長期的にも個人個人のライフプランを一緒に考えることが大切。
もちろんそのご家族も含めて

私の過去の経営経験の中で、こういうことをいう新入社員もいた。

「そろそろ僕結婚するんです。家族を持ったら、ちゃんと収入の見込める
仕事したいんで会社辞めます」と言わせてしまったことがあった。

●尾さんの会社の育成方法(詳細は秘密)は
深く感銘を受けた。

さらに、付け加えるなら、今、この業界の抱えている慣習も変えなければならないと感じた。


3.現在、ご本人はひとつの取り組みだけでなく、自分の趣味も含めて
あらゆることに(これも秘密)チャレンジされているようだ。

そのうちのひとつとして、大学の講義にオブザーバーとして参加された際に、
講義の最後総括として

「将来、本当にこの講義で役立つ仕事に就きたい人?」と質問した際に、
学生の3割は手を挙げなかったそう。。。

普通の人なら心の中で「なんだよ!3割はやる気ないやん!」で憤慨して
終わるところ・・・。

しかし、●尾さんは、講義後、3割のうち特にやる気のなさそうな学生に対して、
講義後、柔らかくアプローチをかけ、学生本人と食事をし、メールを交換し、
本音を探り出し、最終的には原因をつかみ解決策まで考えられたとのこと。


経営者は身の回りで起こるさりげない事象に
「なんで?!」
という気概を失ってはいけないということ。そして、気持ちの次は
即行動!
に移ることを教えていただいた。

●尾さん!ありがとうございました!



このブログご覧いただきました皆様応援ありがとうございます。よろしければ1票クリックお願いしますm(^^)m
スポンサーサイト
↓クリックで他の人気のブログもランキングでご覧いただけますっ! 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。