やればできた!今ここからの介護経営スムーズ化! HELPZ&Co.Inc.

介護求人情報「リジョブ介護」

リジョブ介護=

介護甲子園を応援しています!

介護甲子園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
193位
アクセスランキングを見る>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓クリックで他の人気のブログもランキングでご覧いただけますっ! 人気ブログランキングへ
  • 介護の現場は法制度で動いていない?

9月30日に実地指導対策セミナーを行います。
その準備の追い込み中に感じたことです。

介護って、「法改正」や「制度の微変更」がたびたびありますが、
それがまさに「基準省令」ということです。
全国各地の介護事業所や施設、ケアマネは厚生労働省の「省令=告示=基準」におどらされている感じがあります。

介護保険により現場の行動は、介護保険法の「法律」ではなく、所感ですが、
約90%以上は旧厚生省や現厚労省の「省令」「告示」「基準」「解釈例規」によって運用されているのです。
しかも、同じ省令(告示=基準)間でも表現が違います。
介護事業所やケアマネが利用者様からの「同意」をどのような形で取る必要があるのか。
すなわち、「文書同意」か、それとも「口頭同意」かという点でも解釈が変わるのである。

この違いは、
利用者の「文書同意」が必要な場合にその同意書がない場合、
介護報酬を「減算」するとなっておれば、
その同意書の利用者様のケアプラン等は「不適正請求や過誤請求として返還する義務がある」
という厳罰である。

反対に、別の省令では、文書での同意まで必要ではないしている場合に、
実祭は利用者様から「口頭同意」を得ている場合は
「不適正請求や過誤請求に該当しない。減算する必要がない。」という全く反対の解釈である。


何故、同じ省令(告示=基準)でありながら、「文書による同意を必要とする省令」と
「そこまで要求しない省令」があるという複雑さ。
もしくは、「文書による同意と書いていなくても、文書による同意をとることが望ましい」とかなんとか、
お役所の都合。。そういう解釈例規は、こうこたえられるのである。
「それは望ましいということであって、省令に違反するかどうかとは別である。」


くーー。(T^T)

監督官庁の実地指導でも、各都道府県、ひいては市区町村が、
どのように相談にこたえるべきなのか、指導・相談に回答する側もややこしいのではないかなあと思います。



スポンサーサイト
↓クリックで他の人気のブログもランキングでご覧いただけますっ! 人気ブログランキングへ

コメント

お久しぶりです!

僕個人の「同意」の考え方ですが、基本各事項において必ず文書による取り交わしを行うことで同意が得られている、という確認方法です。

別な見方をすると、契約上の齟齬が無いよう、基準該当に満たす意味でも文書による取り交わしの方が無難かな・・・とも思っています。口頭だけの同意は色んな意味で危なっかしいという考え方です。

最初の実地検査の場合、実情に合わせて事前に下質問はします。場合によっては文書を持ち込んで確認もとります(苦笑)。条文ではなく、行政による条文の解釈が指導の基準になりますから、これは聞くしかないですね。

書類が煩雑でも、実地検査で慌てるのは、やはり日頃の書類整備の不行き届きにつきます。地道にマジメに、が僕が送っているアドバイスです!☆
いのまんさん、
お久しぶりです!
コメントありがとうございます!
このあたりの件について、今月よりセミナーを行います。
9/30、10/29です。場所は淀屋橋ODONA。

いまのところ、大阪でのみの予定ですが、
チャンスがあれば、東京でもやります!

今後とも情報交換をよろしくお願いいたします!



> お久しぶりです!
>
> 僕個人の「同意」の考え方ですが、基本各事項において必ず文書による取り交わしを行うことで同意が得られている、という確認方法です。
>
> 別な見方をすると、契約上の齟齬が無いよう、基準該当に満たす意味でも文書による取り交わしの方が無難かな・・・とも思っています。口頭だけの同意は色んな意味で危なっかしいという考え方です。
>
> 最初の実地検査の場合、実情に合わせて事前に下質問はします。場合によっては文書を持ち込んで確認もとります(苦笑)。条文ではなく、行政による条文の解釈が指導の基準になりますから、これは聞くしかないですね。
>
> 書類が煩雑でも、実地検査で慌てるのは、やはり日頃の書類整備の不行き届きにつきます。地道にマジメに、が僕が送っているアドバイスです!☆

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。