やればできた!今ここからの介護経営スムーズ化! HELPZ&Co.Inc.

介護求人情報「リジョブ介護」

リジョブ介護=

介護甲子園を応援しています!

介護甲子園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
775位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
156位
アクセスランキングを見る>>
  • ロボットビジネス(位置確認サービス編)

今日は産創館ロボットテクノロジー主催の「PlaceEngineが生み出す、新たな位置情報活用ビジネス~クウジット株式会社~」講座に参加した。

訪問介護では毎日ヘルパーさんが雨の日も風の日も、自分の体調がよくないときも、交通ラッシュの車の間をすり抜けて一日10件近く高齢者様や障がい者様宅を訪問されていらっしゃいます。そこでは、感謝されて当然でありながらも逆にクレームを受けたり、嫌な思いもされていらっしゃる。それでも毎日、自転車や原チャリで一日食うことも後回しにがんばっておられます。

私が目をつけたのはここです。


訪問介護ヘルパーさんががんばっていらっしゃるにも拘らず、経営者はそれを信じて結果報告を
受けるだけしか方策がないのです。

もし、どのヘルパーさんが、「今この時間どこで、どのくらいがんばっているのかを少しでも
可視化できたらいいな」を「位置確認ビジネス」で可能性を見出したからです。

見方によっては、「経営者が終日ヘルパーを監視している」ネガティブなしくみかもしれませんが、
ポジティブな見方をすれば、「いつでも経営者は介護ヘルパーさんに感謝」を表することができるのです。

今日、2時間じっくりお話を聞く限り、100%確信しました。

ビジネスモデルとして確立していきたいと思います。

http://www.koozyt.com/press/2009/pr090707.html

【抜粋】
GPS×WiFiのハイブリッド測位で、これまでにない情報提供が可能になる!

 近年、モバイル機器やワイヤレスネットワークが発達し、位置情報や地域情報配信の活用が徐々に生活の中に溶け込んできました。これまで、GPS(全地球測位システム)技術だけをコアにした位置情報には、「屋内では使えない」「衛星の情報を補足するのに時間がかかる」など弱点があり、特に屋内施設におけるサービスの拡大にも限界がありました。

 そこでクウジットは、無線LAN電波で位置を推定する「PlaceEngine」を開発、運用し、GPSが届かないような屋内、地下街、高層ビルの集積地においても、位置情報の取得が可能となりました。これにより無線LAN環境内では「PlaceEngine」、そのほかではGPSを用いる、これまでにない「ハイブリッド測位」が可能となり、位置精度の向上が新たな位置情報を活用したサービスを生むと考えられています。

 実際に「PlaceEngine」はフロアマップやショップ情報などのコンテンツを閲覧できるアプリケーションやYahoo!地図アプリなどのiPhone専用アプリケーション(※2)などにも採用されており、我々の生活にも徐々に浸透しつつあります。



スポンサーサイト
↓クリックで他の人気のブログもランキングでご覧いただけますっ! 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する